SSブログ
2024年06月| 2024年07月 |- ブログトップ

青春18×2君へと続く道 [日本&アジア映画]

 藤井道人監督・脚本。日本と台湾の合作のラブストーリー。ジミー・ライの紀行エッセイ「青春18×2 日本漫車流浪記」を映画化。18年前の台湾と現在の日本を舞台に、国境と時を超えてつながる初恋の記憶。


s19.jpg
ジミー(シュー・グァンハン)&アミ(清原果耶)


 18年前の台湾。高校3年生のジミー(シュー・グァンハン)はアルバイト先で4歳上の日本人バックパッカー、アミ(清原果耶)と出会う。


s5.jpg
             アミ(清原果耶)


s24ランタン.jpg
   このランタンに自分の願いを書いて空に飛ばすと、自分の願いが叶うと言われています。
   ランタンを飛ばすのは、台湾の「十分(じゅっふん)」という町でできます。(ココも行きました。きれいですよ。)

 ジミーは、美人で明るいがどこか人にみせないものがある彼女に、恋心を抱く。アミもまた、ある秘密を抱えながらもジミーにひかれていく。しかし突然アミの帰国が決まり、意気消沈するジミー。そんな彼に、アミはある約束を提案する。


s4.jpg
       
          18年後のジミー(シュー・グァンハン)      

 現在。人生につまずいて久々に帰郷した36歳のジミーは、かつてアミから届いたハガキを自宅で再び手に取り、あの日の約束を果たすべく日本へ向けて旅立つ。


s16.jpg


 東京から鎌倉・長野・新潟、そしてアミの故郷・福島へと向かう道中で、彼女と過ごした日々の記憶がジミーの心によみがえる。
   

 そしてジミーはついにアミの故郷、福島に降り立つ。そして、そこで会った年配の男性が、アミのことを知っており、アミが病死したことをジミーに告げ、アミの自宅を教えてくれる。


s8.jpg
アミの母親(黒木瞳)

 アミは絵を描くのが得意で、帰国の前に、ジミーに出会った台湾のアルバイト先のカラオケ店の壁に、壁画を描く。そして、来日したジミーが訪ねたアミの家で、彼女の母親に会った時、ジミーは「遅くなりました」と挨拶する。母親は、アミがジミーのことを「シャイで優しい男の子」といって、しょっちゅう話していたという。
 そして母親は、ジミーに1冊の分厚い絵画帳を渡し「これは、アミからあなたへのラブレターなのよ」と言い、ジミーをアミの部屋に残して階下へ降りていく。

 ジミーはその絵画帳を眺めながら、アミとの記憶に浸るのだった。

 この日映画館で、私の席の右隣の、身体の大きな男性(30歳半ば?)、最初はポップコーンをバリバリ食べていたのですが、途中から食べるのを止め、オイオイ泣き出しました。そして、左隣の若い女性二人も、しくしく泣きだしました。私もとても感動したのですが、涙は………。
 とてもいい映画です。主演のジミーを演じた、台湾の人気俳優シュー・グァンハンは、久々に観たすばらしい俳優でした。アミ役の清原果耶友と息が合っていて、佳かったと思います。
 本当に人を好きになる、そしてその気持ちを持ち続けることは、なかなか苦しいことだと思うのですが、ジミーの純情さがそうさせたのか。とても自然な演技でした。

TOHOシネマズ梅田で、ロングラン上映中です。


「ブエノスアイレス」などの俳優チャン・チェンがエグゼクティブプロデューサーを務めました。
2024年製作/123分/G/日本・台湾合作
配給:ハピネットファントム・スタジオ
劇場公開日:2024年5月3日

スタッフ・キャスト
監督: 藤井道人
原作: ジミー・ライ
脚本: 藤井道人、
主演: シュー・グァンハン&清原果耶


nice!(23)  コメント(17) 
共通テーマ:映画

2024年06月|2024年07月 |- ブログトップ