SSブログ
日記・雑感 ブログトップ
前の10件 | -

2022年大阪造幣局通り抜け [日記・雑感]

 皆さんは、大阪造幣局の「桜の通り抜け」をご存じでしょうか。大阪で一番遅い桜で、八重桜が有名です。造幣局の南門から北門まで連なる桜並木で、約40分ぐらいで出口にたどりつけます。
 コロナの影響で、令和2・3年度は止む無く中止されました。今年は3年ぶりにウェブで予約し、人数制限の上での開催となりました。私は幸い予約できたので、友人2人と4月14日に久方ぶりの桜を観て、楽しみました。令和4年4月現在、138品種、335本の桜があり、桜の名所として全国から来場者を集めています。


通り抜けのサイト画像1.jpg
「通り抜け」の道のちょうど中間ぐらいにある、めがね橋です。
         (この画像はサイトからお借りしました。)


 この辺りは私のホームグラウンドで、実家もありました。造幣局の隣(西側)に通っていた小学校があり、小学生のころは毎年「通り抜け」の開催1日前に、ご招待があってクラス全員で桜を観に行ってました。造幣局は官舎(昔はアパート)があり、同級生も造幣局に勤めている方々の子供たちが多かったです。


さて、ここからは私が撮った写真です。腕はよくないのですが、お楽しみいただければ幸いです。
t6.jpg


 「通り抜け」の歴史を少しご紹介しましょう。明治16年、時の遠藤造幣局長が市民とともに桜を楽しもうと提案され、構内の桜が一般開放されたのが始まりだそうです。


t2.JPG
     

 ところで、造幣局敷地内の桜はどこからきたのかといいますと、江戸時代、旧藤堂藩蔵屋敷で里桜を育成しており、造幣局は敷地と共にその桜を受け継いだと言われています。


t7.JPG


t10.jpg



t18.jpg
t19.JPG
上の2枚は今年の花「福禄寿(ふくろくじゅ)」です。毎年、違う桜がその年の花として選ばれます。


t17.JPG


 明治時代の桜の品種は一重の「芝山」が半数を占めていました。大正に入ると来場者も増えましたが、当時は重工業の発展期で、煤煙で桜が枯死する事態も起こり「芝山」が半減し、一重八重の「御車返」が主流を占めるようになりました。


t16.JPG


その後「御車返」も激減するなど、品種の変遷が激しかった時代です。大気汚染に弱い桜樹の維持管理のために外部専門家の手を借りるなどの努力を払っていたとのことです。


t1.jpg
 これは、造幣博物館です。

 第2次世界大戦中には通り抜けは中止され、また、昭和20年6月の大阪大空襲では約500本中300本の桜が焼失しました。その後復活に向け努力し、昭和22年に再開。順次桜樹の補充も行われ、昭和26年には夜間開放も始まっています。


t22.JPG


昭和30年代中頃には工業復興に伴い再び大気汚染の問題が持ち上がりました。現在主流を占める八重の「関山」は、この頃から本数が急増しています。


t20.JPG


 通り抜けの桜は、北海道松前町に移植されたり、また同町から寄贈を受け、長野県高遠町から同県天然記念物である「高遠小彼岸桜」の寄贈を受けたこともありました。昭和58年には通り抜け100周年を迎え、各種記念行事も行われています。


t23.JPG


平成2年、通り抜けの桜が全国の「桜の名所100選」に選ばれ、平成17年には、史上最多となる114万7千人の来場者を記録しました。


t21.JPG


平成23年には、東日本大震災を考慮し、ライトアップの中止等を行うとともに、会場で被災者支援募金も行われました。令和2・3年度はコロナ禍で中止されました。「通り抜け」も様々な時代の変化を乗り越えて、色々な方々の働きによって、こうして長く続いているのですね。これからも「通り抜け」に行けるときは、ぜひ行こうと思っています。来年はウェブ予約しなくても、自由に見物できるでしょう。


 ところで、この付近の名所を少し紹介いたします。

*泉布観(せんぷかん)」
s1.jpg
s4.jpg
s7.jpg

HP: https://www.city.osaka.lg.jp/kita/page/0000000997.html
HP: https://www.city.osaka.lg.jp/keizaisenryaku/page/0000556490.html


*藤田美術館 (2022.4月リニューアルオープン)
「曜変天目茶碗」がとみに有名ですが、あちこちに貸し出したりして、問い合わせをしてから観に行かないと、ここで見られないことが多いようです。
f1.jpg
f2.jpg
f3.jpg

HP: https://fujita-museum.or.jp/

ze
*帝国ホテル大阪
「通り抜け」からすぐのところにあります。大阪サミットの時かの、前トランプ大統領が宿泊しました。
t2.jpg
t3.jpg
t4.jpg

HP: https://www.imperialhotel.co.jp/j/osaka/



nice!(41)  コメント(74) 

新年ご挨拶 [日記・雑感]

皆様へ

g26白い薔薇.jpg


明けましておめでとうございます[ぴかぴか(新しい)]
佳い新年をお迎えのことと、お慶び申し上げます。
昨年は皆様の様々なブログを楽しませていただき、ありがとうございました。

2020年はコロナのせいで、大変な年でした。今年こそ、佳いお年となりますよう、お祈りいたします。
本年もよろしくお願いいたします。

私は去年11月にケガをし、12月初めにパソコンが修理不可能となり、それにマンションで緊急工事があったりと色々ありまして、すっかり疲れてブログに参加できませんでした。ご訪問もできなくて、大変失礼致しました。何とぞお許しくださいませ。

今はスマホからの投稿ですので、画像の添付ができなくて、地味なご挨拶となってしまいました。
今年こそ、皆様にとりまして、佳きお年となりますよう、祈りつつ。

ココより




nice!(42)  コメント(52) 

アマリリスが咲きました! [日記・雑感]

 2017年2月末頃にアマリリスを買いました。ポット付きで送られてきて、お水をやればいいだけのもので、3月に花が咲きました。咲き終わった後、葉っぱなどを切って箱に入れ、暗い所に保存しずいぶん長いあいだ放置していました。ちょうど1年くらいまえから、2週間に1度くらい水をやっていると、葉っぱがでてきてどんどん伸びるのですが、花は咲きませんでした。

 今年も花は咲かないのかなと思っていたら、5月10日ぐらいに花芽がグングン伸びてきて、これは咲くかもしれないと期待。


DSC_1030.JPG


 そうしたら、5月11日に開花したのです!すごく嬉しかったです。では3年ぶりに開花したアマリリスをご覧ください。


DSC_1078.JPG


DSC_1040.JPG


DSC_1044.JPG


DSC_1072.JPG


DSC_1076.JPG


DSC_1078.JPG


 ちなみに、2017年のアマリリスはこんな感じでした。やはり最初なので、花も大きく勢いがありますね。

170304_1138~02.jpg
 このころは、まだガラケーだったので、写真が小さいです。

 今年は色々な草花や、樹木にほんとうに慰められています。感謝しつつ、早くコロナがおさまりますように、心からお祈りします。




nice!(48)  コメント(73) 

9000nice! 達成 [日記・雑感]

皆様へ

ココのつぶやき
https://april2605.blog.ss-blog.jp/
記事数:596 | nice!:9,000 |


4/3(金)12:04にangie17さんにいただいたnice!で、9000nice!を達成しました。いままで数字は全然気がついてなかったのですが、ふと見ると、9000というキリ番(?というのでしょうか)になっていたので、嬉しくなって。


neko2.jpg


いつも拙い記事をお読みいただき、温かいコメントをくださいまして、心から感謝いたします。
2005年から始めましたので、今年で15年目です。これからも、どうぞよろしくお願いいたします。

          ココより



nice!(33) 

一本桜 [日記・雑感]

 家の近所に、1本だけ咲いている桜の木がある。その場所は、細い道にある駐車場とアパートにはさまれた狭いところだ。


DSC_1008.JPG



 毎年桜は花を咲かせる。私はいつもその桜に「よく咲いたね、きれいよ」と声をかける。枝ぶりがいいわけでもないし、人もそんなに通らないので注目されることもないのに、けなげに咲いているからだ。


DSC_1009.JPG


 今年は、思いがけないコロナの災難が地球に降りかかり、お花見もできないので、出かけるときはこの桜を観に行ったり、急ぐときは細道に入る手前で、桜に手を振って通り過ぎたりしている。


DSC_1010.JPG


 万葉集から、桜の和歌を一首。

   あしひきの 山桜花日並べて かく咲きたらば いと恋めやも    山部赤人

   (山の桜が幾日も咲き続けていたら、ひどく恋しくは思わないだろう)

 桜はとても不思議な花だ。あれほど豪勢に咲き競うのに、わずが1週間ほどで散ってしまう。この和歌のように、人の心の移り気なことをよく知っているかのようだ。


DSC_1012.JPG


  見渡せば 春日の野辺に霞たち 咲にほへるは 桜花かも    柿本人麻呂

  (見渡すと春の日の野辺に霞がたち、咲き輝いているのは、桜の花であろうか)

 これは情景描写がすばらしく、絵が目の前に浮かんでくるような和歌だと思う。まるで、美しい日本画を観ているような歌だ。

 最近は気持ちも沈むようなニュースばかりですが、この一本桜に癒されているこのごろです。自由に動けないときは、好きな音楽を聴いたり、今まで読めなかった本をよんだり、画集を観たり、何か自分を楽しませるものを見つけないといけませんね。皆様のご健康を心からお祈りしています。 




nice!(22)  コメント(25) 

ブログのお休み [日記・雑感]

最近多忙のため、ちょっとだけブログを休ませていただくことにいたしました。
といっても、1/30(木)から2/10(月)ぐらいまでの短期間です。
ご訪問とレスポンスができませんが、どうぞ悪しからず。
皆様、どうぞお身体をお大切になさってくださいませ。

           ココより


2020年賀状 [日記・雑感]

 あけましておめでとうございます


ne5.png


 皆様、新年をいかがお過ごしでしょうか。

 昨年は拙ブログにご訪問いただき、心から嬉しく思っております。ありがとうございました。

 このブログは、2005年から始めました。今まで自分のプライベートなことをな話そうとは思わなかったのですが、どういう風の吹き回しか、少しお話ししてもいいかなという気になりました。

 私は仕事、ボランティア、長唄(趣味)を生活の柱として過ごしています。子供図書室でボランティアとして、活動しています。ストーリーテリングという、お話を語る仕事です。これは、子供に暗記したおはなし(グリム童話や児童文学)を聴かせて、子供が興味を持って、本も読みたいと思い、本を借りてくれるようにするのが目的です。絵本の読みきかせもしています。子供たちの笑顔、本やお話に対するコメントが私へのご褒美です。

 他に、大人のためのおはなし会もあります。大人に語るのは、プレッシャーが強くて、あまり得意ではありません。童話、児童文学の中の、長いおはなしを語る人もいます。15分~50分程度のおはなしです。私はせいぜい20分が限界です。お客様として来られる人は、他で図書館活動をなさっている方、保母さんや、児童文学を愛している人たちです。

 かなり忙しい仕事ですが、私は本業の仕事の関係で、他のメンバーほど活動には時間をかけてはいません。けれども細々とでも、かなり長くやっているので、許されているのかもしれません。

 趣味の長唄は、大学の先輩でプロの方が師匠です。私達は、大学の古典芸能関係のクラブのOGです。長唄は歌舞伎の音楽で、ほんとに難しいのですよ。できれば他のポップス系の歌も習いたいのですが、時間がありません。

 私は一筋に何かをするというタイプではないので、どれもこれも中途半端ですが、自分では満足しています。

 ブログのほうも記事をなかなかアップできなくて……。自分で記事を書くよりも、皆様の記事を拝見して楽しんだり、色々教えていただいたりしております。こんなブログですが、これからもよろしくおつきあいのほど、お願いします。

 今年が皆様にとりまして、幸運なお年となりますよう、お祈りいたします。

                         ココより





nice!(49)  コメント(74) 

年末ご挨拶 [日記・雑感]

 皆さま、お忙しい時間を過ごされていることと思います。
 あっという間の1年でしたが、今年も拙ブログにご訪問いただき、心からお礼申し上げます。
 元旦に予約投稿で年賀状をお届けしますが、コメントは2日の夜からレスします。
 来年もよろしくお願いします。佳い新年をお迎えくださいませ。

                   ココより


ハート.jpg


Eテレドキュメント72hours主題歌
松崎ナオ 「川べりの家」
https://youtu.be/ChwLT4ByNU8


レオパード.jpg




nice!(35) 

New ミニなできごと 1 [日記・雑感]

 この間、コンタクトレンズの眼科へ行くのに、予約の時間までかなり間があったので、カフェのチェーン店で本を読んで時間をつぶした。マフィンとホットコーヒーを頼んだが、マフィンはパサパサで、コーヒーは香りがない。かかっている音楽は、聴いたことのないBGM的なもの。

  店内はゆったりとして、テーブルや椅子は良いものを置いている。皆タブレットを開いたり、レポートを書いたり、スマホをながめたり、本を読んだり。この店に来る人は、美味しい食べ物や飲み物が目的ではなく、クイーンやビートルズやエド・シーランが聞こえてくると、かえって困るのだなと感じた。かくいう私もそうだった。ここを利用する人は、場所と時間を買っているのだと、気がついた。

 この店のお客は、会社のデスクでは、やりにくいことをやっているのだろうか。お客さんと会って、忘れないうちにレポートを書いたり。スマホで長いメールを送るときもやっぱり場所と時間がいる。私のように、次の用事まで空き時間があるので、本を読む所がほしかったり。そういえば、この店でベラベラと長いこと話している人は少ない。けっこう独りで黙々と何かしている人が多かった。

 食べ物がおいしかったり、店の人が親切に話しかけて来たり、いい音楽が流れてそれに浸ったり、そういうことは無用なのだ。ただ時間と場所さえあればよい。まことに現代的な使い方のできるカフェだから、流行っているのだと思う。

 けれども、やはり食べ物がおいしくて、店の人が親切で、長い時間いても文句を言われないお店のほうがいいわけで。私はそういうお店を探す努力をしていないのだと思う。駅から少し離れていても、そういういい店はあるはずだ。この駅ならこの店という、上の条件に合う店を見つけたほうが、きっと人生において満たされることが多いのでしょうね。

 下の写真は「食べログー大阪の人気カフェベスト10」で検索したら出てきたカフェです。まだ一度も行ったことがありませんので、時間をかけて1軒ずつまわってみようかなと思っています。

北浜レトロ.jpgモール&ホソイコーヒーズ.jpg
 北浜レトロ         モール&ホソイコーヒーズ


蝸牛庵(淀屋橋).jpg
 蝸牛庵(サンドイッチ専門店)


ダンケ(心斎橋).jpgダンケ.jpg
 ダンケ




nice!(43)  コメント(59) 

サクラ、桜 [日記・雑感]

大阪府北摂地方の桜です。最近、スマホに変えたので、わりあいきれいに写っていると思いました。



DSC_0071.JPG



新年号「令和」が万葉集からとられたので、「はじめて楽しむ万葉集」上野誠著(角川文庫)を買ってみました。この本の中から、気に入った和歌を2,3紹介しながら、桜の写真もアップいたします。


DSC_0065.JPG



  石走る(いわばしる)
  垂水の上の(たるみのうえの)
  さわらびの
  萌え出ずる春に(もえいずる はるに)
  なりにけるかも
   (志貴の皇子 巻8の1418)
    岩の上を、ほとばしり流れ出る 滝のほとりのわらびが
    萌えだすように天に向かって伸びていく………。
    春になった!
   
  この和歌は、「万葉集」の中でも一番人気のある歌だそうです。春が来た喜びをこれだけ
  率直に、上品に、生き生きと描いた歌は他にないからなのだそうです。これはなんとなく
  知っていました。



_20190414_123118.JPG



DSC_0059.JPG


  冬過ぎて
  春し来たれば(はるしきたれば)
  年月は(としつきは)
  新たなれども(あらたなれども)
  人は古り行く(ひとはふりゆく)
    (作者未詳 巻10の1994)
     冬が過ぎて
     春がやってくると、
     年月は
     新しくなるけれども……。
     人は古くなっていく……。

  一定の年齢を越えると、人は「お誕生日が嬉しくない」と思う。人は、時に年をとることを
  喜び、時にそれを嘆くという気持ちが込められている和歌です。言い得て妙だと思います。



DSC_0055.JPG


     忘るやと
     物語して(ものがたりして)
     心遣り(こころやり)
     過ぐせど過ぎず(すぐせどすぎず)
     なほ恋にけり
       (作者未詳 巻12の2845)
        忘れることもあろうかと
        人と世間話などをして、
        気を紛らわせて
        物思いを消し去ってしまおうとしたが……
        一層恋心は募るばかりだった……。

  恋の歌も多い万葉集。恋は一過性のもの、個人的なもの、一人一人のものである。
  しかし同時に恋の気持ちというものは、多くの人が共感する気持ちでもあることが、
  この歌からわかるとのこと。



2019-04-14T12:42:41.JPG



     我が背子を(わがせこを)
     今か今かと
     出で見れば(いでみれば)
     沫雪降れり(あわゆきふれり)
     庭もほどろに
       (作者未詳 巻10の2323)
        わたしのいい人を
        今か今かと待って、
        出てみると……。
        沫雪が降っていた。
        庭にもうっすらと。

  恋人がやってくるのではないかと思って、戸口まで駆け出してみて、見た物は雪だった。
  人を待っている女というものは、自分の神経を「待つ」ということに集中させる。それで、
  待つ女の自然を見る目が、細やかになるのだそうだ。



_20190414_124007.JPG



 万葉集と意識して本を読んだのは初めてでしたが、この本はわかりやすく解説されています。それに、選ばれた和歌もいいものばかりでした。入門書としては最適な本だと思います。もう少し、万葉集の世界を楽しんでみたいと思いました。



はじめて楽しむ万葉集 (角川ソフィア文庫)

はじめて楽しむ万葉集 (角川ソフィア文庫)

  • 作者: 上野 誠
  • 出版社/メーカー: 角川学芸出版
  • 発売日: 2012/09/25
  • メディア: 文庫



nice!(39)  コメント(57) 
前の10件 | - 日記・雑感 ブログトップ