SSブログ

恋のロンドン狂騒曲 [ウディ・アレン]

 ウディ・アレンはやっぱり皮肉屋ですね。この作品の前に公開された「ミッド・ナイト・イン・パリ」は彼の皮肉屋ぶりが薄まっていたので、大ヒットしたんですが。この映画では最後にチクチクっとやられました。


恋のロンドン狂騒曲②.jpg


 「ミッドナイト・イン・パリ」で大ヒットを飛ばしたウディ・アレン監督がその前年にロンドンで撮り上げたオールスター・キャストの群像コメディ。40年間連れ添った老夫婦とその娘夫婦という2組の男女が、それぞれに結婚生活の破綻を迎えた中で光を求めてすがった新しい恋に振り回される姿を、シニカルな眼差しでコミカルに描く。
 ある日突然アンチエイジングに目覚めたアルフィ(アンソニー・ホプキンス)は、40年連れ添った妻ヘレナ(ジェマ・ジョーンズ)を捨てて金髪のコールガール、シャーメイン(ルーシー・パンチ)に入れ上げる。ショックのヘレナは自殺未遂騒ぎを起こした末、怪しげな占い師にハマってしまう。一方、彼らの一人娘サリー(ナオミ・ワッツ)は、処女小説を当てて以降万年スランプの夫ロイ(ジョシュ・ブローリン)に愛想を尽かしていた。そんな中、ギャラリーで働き始めた彼女は、セクシーでモテモテなオーナー、グレッグ(アントニオ・バンデラス)の虜になってしまう。そして一人自宅で過ごすロイもまた、向かいのアパートに越してきたエキゾチックな美女ディア(フリーダ・ピント)に夢中になっていくのだが…。(allcinema ONLINE)

 
 なんだかありそうでなさそうなお話。アルフィは結局浪費家の若いシャーメインに浮気されて現実にひきもどされてしまう。ロイは自分の才能のなさを認めず、窓越しに仲良くなった若い女の子を口説いて、事故で植物状態になった作家仲間の友人の小説を盗んでその女の子とうまくやろうと思ったが、植物状態の友人が目覚めそうになる。ロイに愛想をつかしているサリーは、ギャラリーのオーナーグレッグにだんだん惹かれていくものの、彼の態度を深読みしすぎて勘違いし、うまくいかなくなる。結局、一番幸せになったのはサリーの母親のヘレナで、アルフィに捨てられてから占い師の助言通りに生活していると、オカルトショップを経営している老人と仲良くなってゴールインする。

 恋愛においては、がんばったり、美人だったり、ハンサムだったりする人が必ずしも幸せにはならない。占い師の助言というのは、すごく一般論で客観的に正しいことを言っているので、それに素直に従ったヘレナが幸せになるというのも道理に合っている感じだ。とどのつまりは、人を傷つけたり、自信過剰だったり、悪いことをする奴は問題が起こるよっていうのがウディ・アレンの考えであって、彼一流の皮肉なんでしょう。

 いつものように、衣装のセンスが抜群。アンソニー・ホプキンスがラルフ・ローレンの白のセーターが似合うなんて初めて知りました。ナオミ・ワッツは美人だから、ちっとも派手じゃない色とかデザインの洋服なんだけど、それがかえって彼女の美しさを際立たせていた。アントニオ・バンデラスは金持ちのオーナーらしくすごく仕立ての良いスーツをすっきり着こなしてたし。フリーダ・ピントは全て赤の衣装で彼女の若さとかわいらしさがよく表現されていた。

 インテリアもよかったし、音楽もオープニングとエンディングに「星に願いを(When You Wish Upon a Star)」を流していてそれがとっても効いていた。それに劇中でフリーダ・ピントが弾くクラシックギターの音楽が、ボッケリーニの曲で素敵だった。なんてセンスがいいんだろう。

 大げさな感動も悲哀もないけれど、ウディらしい人生観を表現したストーリーだと思う。ウディ・アレン好きの人にはおすすめの作品である。


原題:YOU WILL MEET A TALL DARK STRENGER  監督&脚本:ウディ・アレン  
出演:アンソニー・ホプキンス、 ナオミ・ワッツ、 ジョシュ・ブローリン、 ジェマ・ジョーンズ、
アントニオ・バンデラス、 フリーダ・ピントetc.
2010年 アメリカ・スペイン
nice!(12)  コメント(20)  トラックバック(2) 

nice! 12

コメント 20

coco030705

怪しい探麺隊さんへ
こんにちは。niceとご訪問ありがとうございます♪
by coco030705 (2013-01-07 12:30) 

TaekoLovesParis

この映画のこと、知りませんでした。
「ミッド・ナイト・イン・パリ」は、パリの観光映画っぽいところがあったけど、これはロンドンの観光映画ではない?原題には、ロンドンという言葉でてこないですね。
「それでも恋するバルセロナ」もあったし、最近、ウッディ・アレンは観光地を舞台にした恋愛模様映画が多い感じがします。
by TaekoLovesParis (2013-01-08 00:59) 

TaekoLovesParis

追伸:上にのってたチラシが東京のだったので、まだ
やってるか調べて見たらOKでした。しかも行きやすい場所。行きます。チラシ右のイラストは、私の好きな石川三千花さん!
007は明後日友達と行く約束をしてあります。
by TaekoLovesParis (2013-01-08 01:10) 

coco030705

Taekoさんへ
こんばんは。nice&コメントありがとうございます♪

この作品には、いわゆる誰でもが知っているビッグベンなどの超有名地は出て来ないんですよ。ロンドンの生活感あふれる場所がロケ地に選ばれています。その中でも、ナオミ・ワッツが上司のアントニオ・バンデラスに頼まれて、一緒に奥さんへのプレゼントを選ぶ「ベントレー&スキナー」の店がすばらしいです。ここでのとても素敵なイヤリングが後に映画のストーリーに再登場して、あ、そうだったのか、って思いますよ。
ウディは今パリに住んでいるので、ロンドンも生活圏と言っていいでしょうね。
by coco030705 (2013-01-08 01:20) 

coco030705

Taekoさんへ
追伸のコメントをありがとうございます♪

東京でもまだやっていてよかったです~!チラシのイラスト、素敵ですよね。私も好きです。
007ともども、楽しんでいらしてくださいませ。
by coco030705 (2013-01-08 01:26) 

non_0101

こんにちは。
これからみんなどうなってしまうのだろうとドキドキしながら終わりました。
その後、どうなったか今でも気になってます(笑)
by non_0101 (2013-01-08 08:58) 

coco030705

りんこうさんへ
こんにちは。niceとご訪問ありがとうございます♪

by coco030705 (2013-01-08 09:46) 

coco030705

nonさんへ
こんにちは。nice&コメント&TBありがとうございます♪

そうですね。これからのことが想像されて、わあどうなるのかしら~って。(笑)それをリアルに描かないところがウディのアイデアですよね。だからコメディということで終われるんでしょう。
by coco030705 (2013-01-08 09:53) 

coco030705

マチャさんへ
こんにちは。niceとご訪問ありがとうございます♪

by coco030705 (2013-01-11 15:56) 

トミュウ

こんにちは!
皮肉の利いた展開が、イギリスらしい感じがして良かったです!
相変わらず音楽と風景が素晴らしくて、どこを舞台にした作品でも「やっぱりウディ・アレン作品だな〜」と安心感さえ覚えてしまいます。
それぞれの立場や正確を的確に表現した衣装も、本当に良かったですね〜。

わたしも近いうちに感想上げますので、そうしたらTBしに伺いますね。
by トミュウ (2013-01-12 17:30) 

coco030705

トミュウさんへ
こんばんは。nice&コメントありがとうございます♪

ほんとにその通りですね。なんでもうまくいったら映画のストーリーとして
面白くないですもの。そこら当たりのさじ加減がうまいなと思います。
衣装もキャラクターをよく表現してましたね。しかもすごくセンスよくね。
音楽も撮影場所もウディの趣味の良さを改めて感じました。

パンフレットの最後に「THE WOODY ALLEN COLLECTION」20枚組
20000円の広告が載っていましたよ。ほしいな~。

by coco030705 (2013-01-12 21:20) 

coco030705

月夜のうずのしゅげさんへ
こんばんは。niceとご訪問ありがとうございます♪

by coco030705 (2013-01-14 21:10) 

coco030705

ネオ・アッキーさんへ
こんばんは。niceとご訪問ありがとうございます♪

by coco030705 (2013-01-18 20:42) 

coco030705

Extar15さんへ
こんばんは。niceとご訪問ありがとうございます♪
by coco030705 (2013-01-18 23:02) 

TaekoLovesParis

みました!展開が速くて面白かったです。
登場人物のキャラがはっきりしていて、俳優が上手いので、一人一人を明確につかめますね。笑ったり、ハラハラしたり、結構感情移入しちゃいました。
たしかに「恋は盲目」。アンソニー・ポプキンスだって、絶対、あの彼女じゃ長続きしないでしょ、って見ている方はわかりますよね。でも、一度きりの人生、こういう経験、映画の上だけでも楽しい、って男の人なら思うのかしら?一方、ヘレナの相手の人、天国の奥さんクララが認めてくれても、クララの影を背負って暮らしそうな人。こんな人とで上手くいくのかしら、って思ってしまいます。
アントニオ・バンデラスのスーツ姿、かっこよかったですね。これならもてて当たり前、
ですもの。ナオミが応援してる新進芸術家の彼だっというのも納得。
星に願いをの曲は、これから始まる恋物語にぴったりでしたね。そして、原題の
"You will meet a tall dark stranger" は占い師のセリフだったんですね。 
最後、結局、基本お金?と考えましたが。。
楽しい映画を紹介してくださって、ありがとう。
by TaekoLovesParis (2013-01-19 10:11) 

キキ

こんにちは。
事件が起こりそうなラストでしたね。
「ミッドナイト・イン・パリ」よりこちらの方が好きでした。^.^

by キキ (2013-01-20 17:26) 

coco030705

Taekoさんへ
こんばんは。再びのコメントありがとうございます♪

Taekoさんのご趣味に合ってよかったです!
バンデラス、やっぱりかっこいいですね~。でもナオミ・ワッツのほうが
彼女の友達より魅力的だと思いますけれど。やはり恋は美人だからといって
成功するとは限らないというウディの皮肉でしょうね。
アンソニー・ホプキンスの役は男の夢ですよね。けれども芸能人とかお金持ちの
人って、お金に物を言わせてるなって思うことがよくあります。(^^)
音楽もよかったし、私としても満足いく映画でした。
by coco030705 (2013-01-20 19:05) 

coco030705

キキさんへ
こんばんは。nice&コメントありがとうございます♪

なかなか面白い映画でしたね。
「ミッドナイト・イン・パリ」を観たとき、ウディも年をとって円くなったのかと
思いましたが、やはりこちらは、ウディらしさが戻ってましたね。
後どうなるのかしらって考えるのが怖いような楽しいような……。(^^)
次回作はもう出来上がっているようですね。公開が楽しみです。
by coco030705 (2013-01-20 19:09) 

coco030705

gillmanさんへ
こんにちは。niceとご訪問ありがとうございます♪

by coco030705 (2013-01-27 17:34) 

coco030705

ぺこんぎんさんへ
こんばんは。ようこそ。niceとご訪問ありがとうございます♪
by coco030705 (2013-01-27 23:29) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2