SSブログ

東京1日目「ルノワール展」 [エッセー]

 梅雨のさなか6月23日と24日、東京へ行ってきました。1日目はまず国立新美術館の「ルノワール展」です。この建物も写真で観て、すばらしいなといつも思ってましたが、本当にいい美術館でした。ちょうど10時の開館少し前に到着、webチケットを見せて入場です。

Ⅰ章「印象派へ向かって」は「猫と少年」から。

yjimage26GEJCI0.jpg
 少女と猫はよくありますが、少年のヌードと猫は珍しいです。

 もう一枚「陽光のなかの裸婦」もありました。この2枚のみ。ここからルノワールの印象派としての人生が始まります。



Ⅱ章「私は人物画家だ」 

ルノ11.jpg 
 ヴェールをつけた若い女性


こくしん6.jpg
 読書する少女


こくしん7.jpg
 クロード・モネ

 若きモネはなかなかハンサムですね。人物画家としてのルノワールの実力がよくわかりました。このほか13枚の絵がありました。



Ⅲ章「風景画家の手技」

ルノ9.jpg
 イギリス種の梨の木


こくしん8.jpg
 バナナ畑

 風景画もいいですね。「バナナ畑」はルノワールの作品としては少し異色で面白いと思いました。これはアルジェリアで描かれたものです。彼の色使いのすばらしさを堪能しました。このほか7枚。


Ⅳ章「”現代生活”を描く」
 ルノワールの生きていた時代の生活や風俗を描いた傑作がずらりとそろいました。


こくしん2.jpg
 ぶらんこ


1こくしん.jpg
 ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会
 とても有名な絵ですね。大きいので隅々まで観るのに時間がかかりました。すばらしい絵です。

 ジャン・ルノワール監督の古い映画の一場面を上映していました。「ナナ」「フレンチ・カンカン」「恋多き女」、ほんの短い映像ですが、面白かったです。

 
 興味深かったのは、ほかの画家の作品で当時のモンマルトルの風景や風俗を描いた絵が何点かはさみ込まれていたことです。次の絵はスタニスラス・レピーヌの「モンマルトル、サン=ヴァンサン通り」です。

 こくしん9.jpg


 ジェームス・ティソ「夜会あるいは舞踏会」
こくしん11.jpg
  
 ほかに、ゴッホやベルト・モリゾの絵もありました。合計15枚です。

 
 次はダンスの絵、

 Mopola20.png
 「田舎のダンス」と「都会のダンス(女性はヴァラドン、ユトリロのお母さんです)」

 このほか1枚あり。



Ⅴ章「絵の労働者」:ルノワールのデッサン
 ルノワールの言葉「結局のところ、私は自分の手で働いているよ。だから労働者さ。絵の労働者だね」

ルノ10.jpg
 水のほとりの3人の浴女(『大水浴』のための習作)


こくしん12.jpg
 座る裸婦あるいは身づくろい
 このほかに11枚あります。



Ⅵ「子どもたち」

こくしん4.jpg
 ジュリー・マネ(マネの娘)あるいは猫を抱く子ども
 これは私が最も好きな絵の一枚です。


Mopola19.jpg
 ココ(クロード・ルノワール)



Ⅶ「花の絵のように美しい」

こくしん14.jpg
 桟敷席に置かれたブーケ
 このほかに3枚。



Ⅷ章≪ピアノを弾く少女たち≫の周辺

ルノ8.jpg
 ピアノを弾く少女たち


こくしん3.jpg
 ピアノを弾くイヴォンヌとクリスティーヌ・ルロル
 このほか2枚。



Ⅸ章 身近な人たちの絵と肖像画

こくしん16.jpg
 バラを持つガブリエル
 ルノワールの妻アリーヌが次男ジャンを身ごもったとき呼び寄せた遠縁の娘ガブリエルは、その後20年間、晩年の画家のよきモデルとなって、200点近くの作品に登場しています。このほか10枚あり。


Ⅹ章 裸婦、「芸術に不可欠な形式のひとつ」


こくしん17.jpg
 浴女たち
 昨今の美女といえば、スレンダーな人が多いのですが、ルノワールの目から観た美女はふっくらしていますね。今のダイエットブームと真逆だなと思います。太っているのもいいものだなと思わせてくれる絵です。ダイエットしすぎて病気になっては元も子もないのですもの。このほか10枚。


 ようやく絵画鑑賞が終わり、ランチタイムです。地下1階のカフェテリア カレにて、ルノワール展特別メニュー、「牛ほほ肉の煮込みソースロベールバターライス添え」¥1200です。すごくおいしかったですよ。これにホットコーヒーを注文。

こくしんカフェ.jpg

 食事も終わり、次は新宿の「損保ジャパン美術館」へ向かいます。

nice!(20)  コメント(26)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 20

コメント 26

coco030705

怪しい探麺隊さんへ
こんにちは。nice!とご訪問ありがとうございます♪

匁さんへ
こんにちは。nice!とご訪問ありがとうございます♪

AKIさんへ
こんにちは。nice!とご訪問ありがとうございます♪
by coco030705 (2016-07-04 14:10) 

Inatimy

バナナ畑・・・ルノワールとイメージが繋がらなくって、意外でした^^。
どこで描いたんでしょうね。 
子供に抱かれてる猫の表情も穏やかで好きです。 壁紙も可愛い。
最後は「牛ほほ肉の煮込みソースロベールバターライス添え」にうっとりでした♪
by Inatimy (2016-07-04 17:26) 

coco030705

sugoimonoさんへ
こんばんは。nice!とご訪問ありがとうございます♪
by coco030705 (2016-07-04 20:05) 

coco030705

Inatimyさんへ
こんばんは。nice!&コメントありがとうございます♪

そうですよね、バナナ畑はちょっとイメージが違うのでかえって面白いかなと思って載せました。これはアルジェリアで描かれたものです。(ブログの文章にも追加しました)女の子と猫ってどうしてこう合うんでしょうね!このお部屋も素敵ですよね。壁紙おしゃれ☆
牛ほほ肉の煮込み、おいしかったです。国新のカフェやレストランは「ひらまつ」が経営してるみたいですよ。なっとく!

by coco030705 (2016-07-04 20:24) 

匁

「ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会」
写真も無かった?時代に、どうやって描いたのか
毎夜毎晩通ってスケッチしたのか?気になっています。
昨日は「日曜美術館」で見ました。



by (2016-07-04 20:47) 

coco030705

匁さんへ
こんばんは。コメントもありがとうございます♪

そういわれてみれば、本当になぞですね。でも中心人物はルノワールの友人の画家や芸術家たちだそうです。この人たちはスケッチに協力したかもしれませんね。他は幾日も通ってスケッチしてそれをもとに想像力もプラスして描いたのかも。本物はすばらしい絵で、何時間でも観ていたかったです。
もしまだご覧になっていなかったら、ぜひいらっしゃってくださいませ。
by coco030705 (2016-07-04 21:53) 

coco030705

uminokajinさんへ
こんばんは。nice!とご訪問ありがとうございます♪
by coco030705 (2016-07-04 21:54) 

コザック

こんばんは。
こうやってたどると盛りだくさんな展覧会でしたネ☆
最初の猫と少年はいきなりドキ☆っとしますよね。
ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会は、実物観ると本当に臨場感があり楽しさが伝わってくる感じ。画をみてこういう感覚になれるって幸せですよね(^^)
さいごのほうの裸婦たちはまとまって観ると圧巻でした。それぞれのチャプターがよく考えられていて興味深い展覧会ですね。
地下にカフェがあったとは。。。知りませんでした今度トライっしてみます(^^)/
by コザック (2016-07-04 23:49) 

coco030705

コザックさんへ
こんばんは。nice!&コメントありがとうございます♪

すばらしい構成の展覧会でした。「猫と少年」魅力的な絵ですよね。ムーラン・ド・ラ・ギャレットは本当にすばらしくて、何時間でも観ていたいような気分になりました。どれもこれもいい絵ばかりで、一回行っただけではもったいないですね。
地下のカフェカレは、美術館の案内所で軽食が一番多いところを聞いて教えてもらいました。おいしかったですよ。次回はコザックさんもぜひ!


by coco030705 (2016-07-05 23:04) 

coco030705

アルファルハさんへ
こんにちは。nice!とご訪問ありがとうございます♪
by coco030705 (2016-07-05 23:05) 

coco030705

Taekoさんへ
こんばんは。nice!とご訪問ありがとうございます♪

by coco030705 (2016-07-05 23:06) 

TaekoLovesParis

cocoさん、すてきな絵をたくさん紹介してくださって、ありがとう。
前のピカソのレポートもわかりやすく、印象に残るいい記事でした。
ちょっと忙しいので、後日、ゆっくり、コメントしますね。
by TaekoLovesParis (2016-07-06 08:33) 

coco030705

Taekoさんへ
こんにちは。コメントもありがとうございます♪

Taekoさんに絵の記事をお褒めいただくなんて、光栄のいたりです!何も解説もしなくて恥ずかしいのですが、美しい絵だけでも皆様にご覧いただけたらいいかなと思いアップしました。これからもよろしくお願い致します。cocoより
by coco030705 (2016-07-06 10:37) 

coco030705

ryo1216さんへ
こんばんは。nice!とご訪問ありがとうございます♪

ネオ・アッキーさんへ
こんばんは。nice!とご訪問ありがとうございます♪

ERUNさんへ
こんばんは。nice!とご訪問ありがとうございます♪

いっぷくさんへ
こんばんは。nice!とご訪問ありがとうございます♪

by coco030705 (2016-07-07 22:22) 

coco030705

のらんさんへ
こんにちは。こちらにも、nice!とご訪問ありがとうございます♪
by coco030705 (2016-07-09 22:03) 

non_0101

私も観て来ました!
「ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会」はずっと観ていても飽きない絵ですね。
ダンスの2作品と何度か往復してしまいました(^^ゞ
by non_0101 (2016-07-09 23:07) 

coco030705

nonさんへ
こんばんは。nice!&コメントありがとうございます♪

「ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会」は本当に何時間でも観ていたかったです。あの絵の中に入り込んで、楽しい時間を共有したい感じでした。やっぱり東京はすごいですね。また訪ねたいです。


by coco030705 (2016-07-10 00:05) 

キキ

こんにちは。
私も6月25、26日は東京で遊んでたのでこちらにも行って来ました。
日曜日でしたのですごい人でしたけど沢山の美しい絵に癒されました。
by キキ (2016-07-16 14:22) 

coco030705

キキさんへ
こんばんは。nice!&コメントありがとうございます♪

そうですか!私は23,24日に行きました。すれ違いでしたね。
ルノワール展すばらしかったですね。いい絵をたくさん観れて
嬉しく思いました。
by coco030705 (2016-07-16 23:30) 

iruka

田舎のダンスと都会のダンス
どこか ダサい 田舎
洗礼された都会人
 よく とらえて ますね。
 ダンス リズム音痴なので
苦手なだな。^^
by iruka (2016-07-17 06:02) 

coco030705

irukaさんへ
こんにちは。nice!&コメントありがとうございます♪

本当におっしゃるとおりで、田舎のダンスは服装、小物、人物の体形なんかも素朴ですよね。対する都会のは、何もかも洗礼されているので、モダンな雰囲気がよくでていますね。ルノワールはファッションにも敏感で、自分でモデルの衣装や小物も用意したそうです。だからセンスのいい絵が描けたということなのでしょうね。
by coco030705 (2016-07-17 12:03) 

coco030705

Nakaさんへ
こんばんは。nice!とご訪問ありがとうございます♪

by coco030705 (2016-07-20 21:19) 

prin4795

prinがやってみたい美術館三昧!
羨ましいぞ!
by prin4795 (2016-07-24 05:08) 

coco030705

prin4795さんへ
こんばんは。nice!とご訪問ありがとうございます♪

いいでしょう。prinさんもよかったら、東京へお出かけくださいませ。お嬢様、確か横浜におすまいでしたね。だったら東京行きもいいかもしれませんね。

by coco030705 (2016-07-24 22:43) 

coco030705

nyonyoさんへ
こんにちは。nice!とご訪問ありがとうございます♪

by coco030705 (2016-08-06 10:55) 

匁

昨日、山の日に国立新美術館に行ってきました。
ルノアール展、見て来ました。
10分待ちの入場です。中もムンムン大混雑。
やっと絵の前に出て、見ることしばしば。
それでも、実物の 
「暖かさ」
を感じることができました。


by (2016-08-12 08:45) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0